国内線で最もお得な飛行機チケットは?

gea

出来るだけ格安で飛行機チケットを購入したいと思う人は多いはず。ですが、基本的に飛行機チケットは同一区間であれば金額は同じです。では国内線の飛行機チケットを出来るだけ安く購入する方法はないのでしょうか。調べてみると今まで同一料金で購入していたのがもったいなくなってしまうような嬉しい格安の飛行機チケットを購入する方法がありました。国内線で最もお得で格安な飛行機チケットとはどのような形になっているのでしょうか。

各航空会社の早割を利用してお得に購入する

早割はダイヤの切り替えが行われる2か月前に発表されます。現在では夏ダイヤ3月29日~冬ダイヤ3月28日の2パターンに分かれています。
飛行機会社の方で大幅な変更がない場合、このダイヤに合わせて早割が発表されることが多いと言われています。発表されたら時間に余裕がある限り早めに購入する事が重要です。人気がある羽田発の路線はすぐに完売になることがあります。航空会社によって早割の制度が異なるので各航空会社おHPより確認しておくようにしましょうね。

株主優待券を利用しよう

mars-40各航空会社の一定の株を保有する株主に定期的に配布されているものです。現在株主優待券を配っているのは皆さんご存知の航空会社であるJAL、ANA、STARFLIER等があります。株主優待券は誰でも使うことが出来ます。株主はもちろん、街中にあるような金券を扱っているお店なので売られていることがあるのですが、誰でもこちらを保有していれば誰でも使えます。割引率として40%~50%と半額になるのでとてもお得です。
さらに株主優待券がすごい所は、路線の変更や日時の変更が出来るところでしょう。繁忙期と呼ばれるGW・御盆・年末年始にも使うことが出来るのでとてもお得です。
使いやすさとお得さを重視するのであれば株主優待券がおすすめです。

格安航空会社のHPをチェックしよう

mars-19お得に飛行機チケットを購入したいと考えている人ならば格安航空会社のHPをチェックする事が最も重要な作業になります。路線ごとの価格の金額を一目で比較できる他、最新の情報を知ることが出来ます。同一路線でも設定が違う場合もあるのでどの航空会社を使用することが一番安いのか、往復で購入した場合お得なのはどれか簡単に検索することが出来ます。

国内線を安く購入する方法はたくさんあります。事前に金券ショップや早割を確認して少しでも国内線で一番お得な飛行機チケットを手に入れましょう。また、各種航空会社のセール情報はメルマガやlineなどのサイトを通じて発表されることがあるので登録しておいて損はありません。私が予約した飛行機チケットサイトは最近動画CMでも同じみの格安航空券予約サイト「SKY TICKET」です。こちらは国内はもちろん、海外の格安飛行機も予約できるため、これからも重宝しそうです。

【 格安航空券サイトskyticket 】堀田茜 国内・海外航空券_東京発

旅行会社の窓口とインターネットどちらがお得?

さあ、旅行をしようと思った時、あなたは旅行会社の窓口で予約をするのか、インターネットで検索して自分で予約をするのかどちらを選びますか?
これに関しては予約する内容によってケースバイケースと言えます。インターネットでは大人数ではなく個人しか予約できないプランがあったり、旅行会社が持っている独自のプランがあったりしますよね。それぞれのメリット&デメリットについて見て見ましょう。

旅行会社の窓口で予約した時のメリット&デメリットは?

旅行会社で予約をすると、特典や食事などのサービスがついてくる場合もあり+αのサービスを受けることが出来ます。基本的に旅行会社が宿やホテルごとに予約できる枠を持っていて、その枠があるからこそお得に利用できるというもの。また、旅行に詳しいスタッフさんが相談に乗ってくれるのでとても便利です。

デメリットとしては直接旅行カウンターに行って予約しないといけないので出向く必要があることです。また、旅行会社にはLCCなどの格安航空券の取り扱いがないので飛行機チケットを出来るだけ安く手配したい人には向いていません。

インターネットで予約した時のメリット&デメリットは?

自分で予約する分、どんな組み合わせでも好きなように計画できるのが個人手配のいいところです。格安のLCC飛行機チケットと宿も好きなところから選べるので旅行の種類の幅が広がりますね。また、家にいながらすべての手配が出来るのが最大のメリットといっても過言ではないでしょう。

サイトによってはポイントが貯まるところもあるので旅行をしながらポイントが貯まるのは嬉しいですね。その反面デメリットとしては旅行会社で受けることが出来るような特典やサービスがありません。また、宿やホテルに関しては旅行会社より少し割高になっているので注意しましょう。
飛行機チケットに関してはLCCなどの格安航空券も検索できますし。セール品や株主優待券を使ったチケットなどお得な割引を利用することが出来るので安く予約することができるのです。

どちらにもメリット&デメリットがあり、利用する内容やどこに重点をおいて予約したいのか?また予約するにあたってここだけは譲れない場所があるのかなどまずは旅行内容を明確にして予約したほうがいいでしょう。
また、宿やホテルを予約する時はどっちが割安なのか旅行会社や販売代理店に連絡して情報を集め、それらを比べてみてみるのがよいでしょう。飛行機チケットを取る時は便利なインターネットを利用してお得な旅を満喫しましょう。

飛行機の渡航時間帯によって金額が違う

飛行機チケットの料金は各航空会社によって金額が違うのはもちろんですが、搭乗する曜日や時間帯によっても金額に差が出てきます。
中には数千円も差が出てしまう場合もあると言われていて、何故曜日や時間によって飛行機チケットの金額に差が出てくるのでしょうか。
お得に利用する方法について詳しく説明していきます。

曜日によって飛行機チケットの金額が違う?

飛行機チケットが一番安いのは月曜日~木曜日だといいます。もちろん祝日や繁忙期に当たる時期は値段が高くなる為例外もあります。
飛行機の利用者が多い金曜日の夜~土曜日の朝にかけて他の平日と比較して4000円~7000円も高くなることがあります。同じ土日でも日曜日は飛行機チケットが安くなります。

曜日によって金額が変動するのは利用者が多いかどうか?が関係してきます。出来るなら高い曜日を避けて予約したいものですよね。また、飛行機チケットを購入する場合、新しい情報が更新される火曜日や水曜日の予約がおすすめです。人の予約の動きが多い土日は高く設定されている場合があるので注意が必要です。

時間帯によって飛行機チケットの金額が違う?

時間帯によって金額に差が出てくるのは割引運賃です。普通運賃は同じ飛行機であればどの時間帯に搭乗しても金額に相違はありません。割引運賃の場合、飛行機チケットの需要によって金額を変更しています。その理由として不便な時間帯だと飛行機チケットを安くしないと空席が出てしまい埋まらなくなってしまいます。

便利な時間帯は金額が高くても載る人が多く需要が高いのが理由だと言われています。安い時間帯として早朝に当たる時間は飛行機チケットの金額が安い場合が多いです。早朝から空港に行くのって意外と大変ですし遠方から空港に向かう場合、電車の兼ね合いで行けない場合もありますよね。
近場のホテルに泊まる場合もあるようです。また、曜日にもよりますが夜出発する飛行機チケットは安い場合が多いです。曜日の調整が効かない場合は時間帯で調整して少しでもお得に購入出来るように工夫しましょうね。

飛行機チケットは予約方法の選択でかなり金額に差が出てきます。同じ飛行機であれば出来るだけ安く利用したいものですよね。こういった法則は繁忙期(GWやお盆、年末年始)には該当しませんので気を付けましょうね。
また安く利用できる方法を知っているだけで、今後の旅行予約にいかすことが出来ます。お得に利用して旅行を楽しみましょう。

国内線のLCCについて知りたい

国内で格安旅行を楽しみたい人におススメなのがLCC航空会社の飛行機チケットを使い旅することです。LCCを使えば通常の飛行機チケットより安く購入することが出来るのでお得に行ける分、現地で楽しむことや節約して国内のさまざまな場所を訪れても面白いかもしれません。国内LCCについて詳しくみてみましょう。

国内線のLCCにはどんな種類があるの?

国内線のLCCには多数の航空会社があります。航空会社ごとに特徴も見て見ましょう。
・ジェットスター
飛行機チケットが安いことでも知られています。頻繁にセールも行われているので旅行に行く予定がある人はこまめに確認するようにしましょう。
・ピーチ
割引セールに大注目。関西空港を拠点としているので関西方面に行くときに便利です。
・スターフライヤー
スタイリッシュなデザインで人気のある航空会社です。LCCでは珍しく高級感のあるサービス内容で座席に液晶画面がついています。
・エアドゥ
北海道と言えばエアドゥといっても過言ではないでしょう。北海道の方々限定の割引があることでも知られ、ギリギリでも予約できるので急に利用する時に便利です。
・バニラエア
年に数回セールが行われ、プランによっては激安で搭乗することが出来ます。団体割引があるので是非利用したいものです。
・スカイマーク
現在は財政破産の為運休中です。安く利用者も多かったので非常に残念です。
それぞれに特徴があり、運航している地域が限られている航空会社もあるので、行きたい場所や金額に応じて予約する必要があります。

LCCにはどんな違いがあるの?

LCCにおけるメリットにはまずは料金が安い料金帯であること、機体自体が新しく綺麗なのが嬉しいですね。またLCCは基本的には片道で取得するものになるので滞在時間を調整することが出来ます。
デメリットで見ると飲み物やサービス等を利用するにはすべて費用が発生しています事や、荷物を預けることや座席を指定したい時は有料になってしまいます。また、欠航や遅延になる場合も多く、時間に制限がある時は注意が必要です。
天候などの影響で欠航した場合代替えが効かず、自分で探し手配をしないといけないのも注意が必要です。

LCC航空会社は便利な反面、値段が安い分サービス面において妥協が必要です。また、LCCに搭乗する時はくれぐれも時間に余裕をもって移動するようにしましょう。空港から搭乗場所迄移動距離が長い場合が多く、また少しでも遅れようものなら待ってくれません。せっかく安く予約してもこれでは意味がありません。LCCを上手に利用し素敵な旅を。

サクラトラベルを使ってお得に旅行しよう

格安航空券を探したいのであれば「さくらトラベル」がおすすめです。
サクラ模様のピンクの可愛らしいサイトが特徴でANAを始め、JALやSKYMARK、各種LCCなどの料金を比較し便利で簡単に予約することが出来ます。国内に限らず海外などすべての航空券を比べることができ、その中から自由に選べることができるのでとても便利です。よく旅行をする人も始めて飛行機チケットを購入する人にもおすすめの比較会社です。

急な利用もOK!さくらトラベルならお得に利用できます

さくらトラベルなら24時間365日、さらにご出発の2時間前まで予約を取ることが出来きるサイトになります。
当日の夜便や翌日の早朝便など突然の出張や急な帰省でもお得に利用することが出来ます。アプリもあるので手軽に利用できるのが嬉しいですね。搭乗する航空会社の情報も一まとめになっているので「座席指定」・「受付」・「受託手荷物」・「妊娠中のお客様」・「乗り継ぎ」など必要な情報をすべてまとめて確認することが出来ます。

サイトによってはそれぞれ項目ごとにわかれているので探すのも一苦労なんてこともありますよね。また、さくらトラベルは予約のご相談・キャンセル・変更時はコールセンターでも対応してくれます。年中無休9:00~18:00なのでいつでも便利に利用することが出来ます。
一度同じような質問がないか「よくある質問」を見てから連絡するようにしましょうね。

■最新のセール情報を知ることが出来る

最新の各航空会社のセール等の情報を知ることが出来ます。情報は随時更新されるので、セールがかかっていることを事前に知ることが出来ることや、悪天候の場合飛行機が飛ぶのかどうかも知ることが出来ます。取扱航空会社の運航状況も一覧になっているので簡単に検索することが出来ます。

ANAやJALの株主優待券買い取ります

さくらトラベルではANAやJALの株主優待券を高額で買取しています。相場は毎日変動しているので出来るだけ査定金額が高い時に販売するようにしましょう。合計30枚以上、大量に売りたい時は事前に予約が必要なので忘れずに電話で連絡するようにしましょう。
また予約をする時は空き状況の情報と繋がっているシステムが使用されているので、電話中に予約が埋まってしまうことや金額に変動がある場合もありますので予約確定時の金額が正しい金額になりますので注意しましょう。

さくらトラベルなら利用者に嬉しいサービスがたくさんあります。支払方法も選択できるので自分に合った方法で、お得な飛行機チケットを予約し購入しましょうね。

LCCの予約は早さが勝負!

国内LCCの飛行機は既にたくさんの人が利用しているメジャーなものだといえるでしょう。でも、その良さを確実に実感するには予約をできるだけ早くすることが必要です。LCC最大のメリット、安さの享受にはスピードが不可欠なのです。

何を優先させるべきか

ビジネスでの利用なら、確実に決められた場所と時間に到着していなければいけません。そんなシビアな世界ではLCCは多少不釣り合いといえますよね。実際、日本でLCCが広まるかなり前から利用されていた諸外国では、ビジネスで利用する人は現在も非常に少ないといわれています。
LCCの飛行機を利用するのは観光目的というのがベストなのです。そして、LCCの激安というメリットを最大限に享受するためには、発売と同時に予約を取ることが必須です。特に国内LCCの場合、どこにいつ行きたいかということはさておき、いかに安いチケットを取るかを最優先させるのがおすすめです。激安チケットを獲得してから、旅の予定を組んでいくというわけです。

激安チケット獲得に必要な準備期間

そんな激安LCCチケットを獲得するには、最低でも半年間の準備期間が必要ですよ。これだけあれば、1年を通してどんな時にでもその時期に一番安いチケットを獲得する可能性があるからです。
もっとも、年末年始やお盆の時期などは、LCCよりも一般の航空会社の方が安いチケットを獲得できることもありますが、そんな時期は通常よりはるかに早い時期から発売がスタートするものです。だから、常に半年先の旅を思い描いていれば、旅の費用はぐっと抑えられるというわけです。
旅好きなら、半年先、1年先の旅程も立ててしまうのがおすすめですよ。もちろん、そのLCC会社の最低価格というものもチェックしておいて、該当するシーズンに狙いを定めるのも良いでしょう。

行き先を絞ったら発売と同時に即効予約

さて、半年先の旅を軽く思い描きながらするべきことは、国内LCC会社を全てチェックすることです。
どんな会社がどこに路線を持っているかはすぐにわかることなので、行き先は必然的に絞られてくるはずです。第一希望、第二希望と行き先を考えておくのも良いですし、多少遠回りしても列車での移動もまた旅の楽しみを増やしてくれることでしょう。ともかく、もっとも安い価格で飛行機を予約して、それから旅の計画を練るのです。
きっとそこには想像以上のワクワクがいっぱい詰まっているはずですよ。あとはスピードが命です。予約状況によって数時間後、いえ、数分後には1万円くらい軽く変わってしまうのがLCCの怖さです。発売と同時にすぐに予約してチケットを入手しましょう。

国内LCCは家族旅行の強い味方

娘が来年の春から地方の大学に入学すること決まっているので、大学の合格祝いも兼ねて家族旅行をすることに決めました。まだ小学生の子どもが二人もいるので、家族みんなで楽しめるように行先は東京ディズニーリーゾトに決定しました。
5人家族での旅行なので運賃を出来るだけ安くできるかをいろいろと調べていると国内LCCというのが検索で引っかかってきました。正直、飛行機での移動は全く頭にありませんでしたが、いろんな予約サイトなどを見てみると思ってる以上に格安な料金設定。初めての飛行機旅行になりました。

いろんな比較サイトで比較

飛行機を利用して家族旅行をすることを決めましたが、どこで予約するので迷いました。多くの比較サイトがありましたし、レンタカーや宿泊場所までセットになっているところまでさまざまでした。国内LCCはどうしても便や空港に限りがあります。我が家でも成田空港からTDRまでの移動には不安に思っていました。ですが時間帯によっては大手の航空会社でも比較的に安く利用できることが分かったことで選択肢も広がりました。
最終的には座席指定などのオプション価格を入れても国内LCCの利用が一番安く利用できることがわかったので、公式サイトから予約することにしました。公式サイトは利用する空港の情報などしっかり記載されていて、空港から現地までバスが運行されていることもわかったので、旅行プランを立てる時にもすごく役に立ちました。

運賃はオプション価格も入れて検討

国内LCCでは、座席指定なども料金が発生します。とくに我が家では小学生の子どもたちと座席が離れてしまうのは避けたかったので座席指定は必須でした。あとは荷物。こちらもどうしても預ける必要がありました。最初にプランを立てた時には、座席指定に関しては予定に入れてましたが受託手荷物料までは考えてはいませんでした。
なんとか荷物を少なくする方法で考えていましたが、帰りはお土産などで荷物が増えると考えなおし、再度、座席指定料金、受託手荷物料のオプション価格込で再検討することにしました。それでも国内LCCのほうがどの交通機関を利用するよりも安くなったのは驚きでした。
今まで日帰り旅行でも交通費は大きな課題でしたが、大満足な価格になりました。

搭乗中は意外に快適

今回、成田空港から関西空港までの利用でした。夏休み期間だったこともあり機内はほぼ満席お子さんも多く最初は少しの圧迫感を感じました。
ですが、子どもたちは初めての飛行機に大喜びしており、窓際の席を予約していたこともあり、その圧迫感もすぐに感じなくなりました。
最初は手荷物を座席に持ち込むことを考えていましたが、座席の狭さを考えると荷物を預けて正解だったと思いました。

帰りの便は機材調整の影響で、2時間遅れでの出発となりました。帰りだったこともあり我が家はさほど問題にはしませんでしたが、中には予定変更がなるとアテンダントに文句を言ってる方もいましたが、多くの人が多少の遅れも料金のうちだと思ってる感じでした。最後には少しのトラブルがありましたが、お土産を少し多く買えたりと国内LCCの利用でコスト面では大満足な家族旅行ができました。”

初の国内LCCの予約で気づいた二つの注意点

安い飛行機旅行ができると聞いて、もともとは敬遠していた飛行機旅行を計画しました。国内LCCを利用すると安くなると評判になった頃のことです。安いならそれに越したことはないと予約を進めてみると少し注意した方が良いと感じたことがありました。

安くて利用価値の高い国内LCC

もともと飛行機旅行を敬遠していたのは交通費が高くなってしまうからでした。国内LCCの登場によってその問題が解決できると知って、飛行機でしかアクセスできない場所に旅行に行く決断ができたのはその恩恵と言わざるを得ません。有給を取る予定を組めたので、期待を胸に家族旅行を計画しました。

最初に行ったのは飛行機の予約であり、日程が決まってからホテルや現地での行動については考えようとしてまずは予約サイトを見たのです。
昔からの航空会社もまとめて検索できるサイトを利用してみると、安値を優先して表示させれば国内LCCがいくつも上位に出て来ました。これは確かに安いと実感して利用価値が高いという実感を得たのは事実です。

予約を進めてみて気づいたこと

飛行機の予約を進めてみると少しおやと思うことが生じてきました。以前に一度だけ大手の航空会社で飛行機旅行をしたことがあったのですが、そのサービスと内容が違うことに気づいたのです。座席指定が有料になっていることが最初に気づいた点でした。

トイレに立つ人の出入りが嫌いなのでいつも必ず窓側を選んで座っていたので、これは少しデメリットに感じたことです。安いから仕方ないと諦めましたが、さらに予約を進めてみて気づいたのが荷物を預けるのも有料だということでした。さすがに旅行に行くのに預けないわけにはいかないと考えてこの分は支払いをすることにしましたが、見た目よりは少し高くなる可能性があるのは注意点と言えるでしょう。

乗ってみるとわかる快適さ

運良く窓際の席をあてがわれ、家族でも同じ場所にまとまって席を確保してもらえたので特に席については乗ってみて不満はありませんでした。安さが魅力の国内LCCとはいえ、その程度の配慮はしっかりとしてくれるのです。

また、機内サービスも有料のものが多かったものの、もともと不要なものだと感じていたので特に気にはかかりませんでした。それ以外の部分については特に大手に比べて劣る部分もなく、懇切丁寧な対応をしてもらえて快適なフライトができました。これで破格で利用できて、フライトにかかる時間も短いという点を考えると利用価値はますます高いと感じたのです。それ以降も新幹線で行ける場合でもしばしば国内LCCを利用するようにしています。”

刻々と変わる国内LCCの運賃

安く予約するための二つの方法

国内LCCの飛行機を予約する方法として、とにかく安くしようと考えると二つの方法があることがわかりました。状況に応じて使い分けるようにしてからはストレスなく満足できる範囲で安く手配ができるようになっています。

安くしたいから学んだ仕組み

国内LCCを利用するようになったのは飛行機の料金を少しでも安くしたかったからです。そのため、初めて利用を考えたときに料金がなぜ安いのかと考えて仕組みを学びました。その根拠に基づいて考えると予約を取るのに適した方法が二つあるとわかったのです。

一つは空席連動型の運賃システムだという点に着目して販売が始まってからはいつも価格に気を付ける方法です。
もう一つとして、空席があると国内LCC会社にとっては損失が大きいということに着目して、直前になって行われるセールに着目して航空券を手に入れる方法があります。どちらも実践してみるとうまく行えば安くできるとわかりました。状況に応じて使い分けるのがストレスのない方法です。

空席連動型に着目する予約方法

既に行き先も行く日も決まっているときには空席連動型であることに着目して予約をしています。空席が多いほど値段が安くなり、満席に近くなるほど高くなるというシステムを国内LCCは採用しているため、予約やキャンセルによって刻々と価格が変動しているのです。

そのため、売り始めの時期として多い二ヶ月前から各社の運賃をスマホでいつも確認できるようにしておいて、安いと感じたときに購入するようにしています。
たまに買うタイミングを逃してしまうこともありますが、概して売り始めてから間もない期間に購入しておくと安心だというのが経験上わかっているため、一度決めたら予約してしまってそれ以降はできるだけ変動を見ないように心がけているのが自分のやり方です。

セールを狙った予約方法

もう一つのセールを狙う方法は、いつ出発でも構わないという旅行のときに重宝している方法です。たまたま空席ができている便がセールに出されて安くなるだけなので、行き先も日にちも固定できないのは確かですが、値段的には半額程度まで下がるので魅力的です。

漠然と旅行に行きたいと思い始めたときに見てみて判断するのがいつものやり方であり、偶然日程と行き先でマッチするものがあったときに利用しています。
突発的に旅行に行きたくなったときには毎日かかさずセール情報を確認して国内LCCを極限まで安く利用できるように努力していますが、どこでも良いと考えていると簡単に予約が取れるのは魅力です。気分に応じてこの二つを使い分けて予約をしています。

国内LCC間での比較が大切な格安航空券予約

格安航空券を予約して安く旅行に行こうとしたときに、複数の国内LCCを選べる場合がありました。値段の差はわずかだったのでどちらを選ぶかで迷いましたが、飛行機を利用する上で便利なのはどちらかと考えたのが満足につながった点です。

運行している便が増える国内LCC

国内LCCが利用できるようになってからは利用者も増えているのでしょう。運行している便も増えてきて快適に利用できるようになりました。当初から安いという魅力に駆られて旅行でも出張でもよく利用していましたが、最近までは一社しか運行していない経路ばかりを利用していたのが実情です。

しかし、複数の候補が出てきたときには迷うようになりました。両方共安くて価格差も大きくはなかったので、どちらを選ぶかで本当に安さだけを追求して良いものかと悩んだのです。そのときに考えたのがわずかな料金差なのであれば、少しでも飛行機を利用する上でメリットの多い方を選ぼうという視点でした。結果として少し高い方を予約して正解だったのです。

機内サービスが充実していた国内LCC

国内LCCでも会社によってサービスに大差があることは知っていました。実施兄利用した経験があるからこそですが、このときに比較した二社については少し高い方の会社は利用した経験がありませんでした。そこでインターネットの口コミを利用して、その国内LCCを利用した人の声に耳を傾けたのです。

その結果として、国内LCCであるにもかかわらず機内で飲み物のサービスをしてくれて、行き先の地元の飲み物を楽しめるという口コミがありました。その魅力に駆られて選んだところ、機内で地元産の素材を利用したスープを飲むことができ、あまりに美味しかったのでとても満足できたのです。わずかな料金差で高い満足を得られたのはよく調べていたからに他なりません。

予約のしやすさも大切な国内LCC

運行している経路が増えたことでそれ以後もしばしば比較する機会がありました。ほとんどの国内LCCを使ったことがあるのでサービス面での比較も簡単になりましたが、もう一つ考えるようになったのが予約のしやすさです。

格安で乗れるのは良いのですが、競争率が高くて早めに予約しなければならないのは出発日が確定していないときにはかなりの心配でした。少し値段が高い国内LCCを選ぶだけで売り始めてから一ヶ月程度は猶予を持つことができるということがわかり、予約のしやすさというメリットに着目して選ぶことも多くなっています。旅行に行こうとしていて出張が入ってしまったという経験も何度もあるので近くなるまで選べる可能性が高い国内LCCがあるのは助かっている点です。